アトピーの薬の使用をコントロールする

アトピーの薬の使用法を上手にコントロールするのは、医師ではありません。
アトピー患者自身、または子供だった場合にはその保護者となります。
また、アトピーの薬によりまして、服用のタイミングというものがあります。
例にしますと虫に刺されてしまってから虫よけをしても全く意味が無いことと同じです。
刺された後では虫さされようの痒み止めを使うこととなります。
このように、アトピーも同じことで症状によりまして塗布する薬も異なっているのです。
例えば抗アレルギー剤をアレルギー反応が出てしまってから服用するのでは、効果を実感するまで時間がかかってしまいます。
すでに起きてしまっているアレルギー反応の増幅を防ぐことが出来ずに、反応が収まるまで数日〜数週間かかってしまうことも考えられます。
またいくらアレルギーを抑制することを出来たとしましても、服用から一週間もの間効果を実感することが出来ないこともあります。
なので薬の効果が無い、合わないと判断してしまい次々と薬を変えてしまうこととなります。
アトピーの薬の効果を検証するのは長い日数が必要になるということを覚えておきましょう。





アトピー治療法


アトピー関連記事特集