入浴後の保湿剤の使い方

アトピーにとって欠くことのできない保湿。
乾燥は、アトピーの大敵です。
アトピー肌の人は、普通の人よりも肌が敏感で、その保湿機能(バリア)も薄いため、乾燥しやすい性質があります。
また、肌が乾燥することで、痒みを伴い、痒みによるストレスや、かきむしることで症状の悪化が見られます。
では、アトピーの人は、保湿について、どのように気をつけたらよいでしょうか。
まずは肌に使う化粧品、そして保湿の仕方になります。
肌にあった保湿剤を選ぶことも重要ですが、保湿剤の効率的な使い方を知ることも、同様に重要なこととなります。
そして、保湿剤の利用方法についてですが、保湿剤の効果を最大限に発揮できるのが、お風呂あがりです。
お風呂上りは毛穴が開いており、それゆえ、肌への浸透率が高くなります。
そのため、保湿剤を使う最適なタイミングは、お風呂上り30分以内です。
もちろん、早ければ早いだけ良いです。
保湿のタイミングを知って、効率よく保湿を行いたいですね。





アトピー治療法


アトピー関連記事特集