幼児湿疹と食べ物の関係

乳児になると、赤ちゃんよりもぐっと食べられるものが増え、それゆえ食べ物による、湿疹のリスクも高まります。
幼児は徐々に大人と同じ食事ができるように、色々な食に触れる期間で、特に食に興味をもつ時期でもあります。
それゆえ、食事を与えるほうは、どの段階で、何を与えてよいか、また与えてはいけないものの正しい知識を持つことが必要になります。
生玉子や5大アレルゲンと呼ばれるもの、生ものなどは、幼児湿疹の要因となります。
そのため、新しいものを食べさせる時は、平日の昼間(何かあっても病院へ駆けつけられる時間帯)に食べさせるようにしてください。
また、幼児でもストレスにより、湿疹を発症するケースがあります。
甘えたりなかったり、さみしかったり、親の不安が伝染するケースもあるようです。
そのため、幼児の環境や状態についても、よく観察してみるとよいでしょう。
ただのわがままと思っていたら、実は心のSOSだった、ということも少なくありません。





アトピー治療法


アトピー関連記事特集