赤ら顔の原因は多種多様

アトピー性皮膚炎における敏感な肌というのは、皮膚が通常よりも薄くなってしまっているために、毛細血管が目立ちやすくなっているのも赤ら顔の原因の一つとされています。
ただし、乾燥が強く掻いてしまい傷となり、肌が炎症を起こしてしまうことで赤ら顔になる場合も多くなってしまっているのも特徴です。
さらにアトピーによって敏感になってしまっている顔をタオルなどで強くこすってしまうことにより、目には見えない程度でも皮膚がむけてしまいます。
その結果赤みが広がり赤ら顔状態になってしまうのです。
そしてアトピー性皮膚炎で起こりやすくなっている赤ら顔の原因としまして光線過敏症というものもあります。
これは簡単に言いますと皮膚の日焼けとなります。
アトピーで無い人というのは日焼けをしてしまっても少し赤くなるか黒くなる程度で終わりますが、アトピーの過敏な肌というのは、強い日差しに当たってしまうことで火傷のような状態になってしまい、このことを光線過敏症といいます。
そのために顔が赤くなってしまうというワケです。





アトピー治療法


アトピー関連記事特集