アトピーとセラミド

私達の肌を守ってくれているバリア機能を持っているのは角質層に存在している細胞間脂質のセラミドと呼ばれている成分です。
人間の皮膚というのは6種類のセラミドが含まれていますが、アトピー性皮膚炎の皮膚におきましては、この6種類のセラミドの量が健康な肌の人と比較をして少なくなっているのです。
そのことから、肌のバリア機能が必然的に弱まってきてしまい、ちょっとした刺激に反応をしてしまい、かゆみや炎症を引き起こしてしまうのです。
逆に健康な人の肌というのは、セラミドが多数あるので肌のバリア機能が十分に働き、外部の有害物質が体内に侵入してくるのを防いでくれます。
このようにアトピー性皮膚炎の肌は、セラミドが少なくなっていることから肌のバリア機能が充分に働かなくなってしまうことから有害物質が皮膚から浸入をしてしまうことでかゆみを起こしてしまうのです。
しかしアトピー性皮膚炎の人が、どうしてセラミドが少ないのかは、現代でも解明されておりません。
またアトピー性皮膚炎の肌は、皮膚が乾燥しやすくなっているのも特徴です。





アトピー治療法


アトピー関連記事特集