年齢別ケース

お腹に発生してしまうような湿疹や痒みといったものは様々な要因から考えることが出来ます。
特に赤ちゃんや小さなお子さんの場合ですと、汗疹やとびひ、または蕁麻疹、湿疹などといった様々な可能性が考えられます。
小児の場合のこのような湿疹というのは、食物アレルギーが原因となっていることが多くあり、医師の指導の元、除去食を考える必要があります。
食物アレルギーの場合には、病院やクリニックなどで血液検査を受けることで、その対策を知ることが出来ます。
例としましては大豆や卵、乳製品、小麦などといった食材が小さなお子さんの食物アレルギーの原因となることが多くあります。
もし心当たりがあるのでしたら出来る限り早めに医師に相談をした方が良いと考えます。
また成人年齢に近くなってくることにより、多くの場合、乾燥や保湿不足、または汚れが溜まっているということが原因になります。
特に夏場におきましては汗などで体が湿っているように感じると思います。
しかし実際には皮膚は水分不足になってしまっている可能性が高いのです。





アトピー治療法


アトピー関連記事特集