湿疹対策にパッチテスト

女性の場合、特に化粧品などのかぶれから、顔に湿疹ができることが多いのですが、これには、香料、色素、保存剤、酸化防止剤、界面活性剤、湿潤剤など複数の化学物質が影響しています。
これらのうち、どれが1つでもかぶれをおこしたことがある場合、同様に、同じ成分を含む他の製品でもかぶれを起こすことになります。
よく、A化粧品でかぶれたので、低刺激・無着色・無添加などの化粧品にかえたのに、顔の湿疹がよくならない、という声を聞きますが、一度顔に湿疹ができると、その症状がおさまるまで、化粧品を変えても効果がでないケースがあります。
そのため、一旦湿疹の治療に専念し、湿疹がおさまってから化粧品を変えてみると、新しくかえた化粧品がかぶれないかどうかを確認できます。
ただし、かぶれがおさまってから、新たに化粧品をかえて再度顔に湿疹がでてはたまりません。
そのため、そのような場合は、別の部位でパッチテストを行うと良いでしょう。
パッチテストにて、事前に合う・合わないを知ることができるので、顔への被害を最小限にとどめることができますね。





アトピー治療法


アトピー関連記事特集