季節によって症状が違うアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の症状というのは、夏や冬といった季節や年齢によって症状が違ってきます。
一般的な考えとしまして小さい子供などは、乾燥のある冬などの季節にアトピー性皮膚炎の症状がより悪化してしまう傾向にあります。
また成人の場合におきましては、ダニなどの害虫や汗が原因となり、特に夏にアトピー性皮膚炎の症状が悪化しいてしまうようです。
このような年齢によるアトピー性皮膚炎の症状の変化というのは、子供の成長による改善が必要となります。
そしてアトピー性皮膚炎の患者の30%が、小学校に入学をする頃には改善しています。また10歳にもなりますと、半数の患者が完治しているというデータがあります。
ただし最近におきましては、これらの傾向が薄れてきつつあり、成人を迎えてもアトピー性皮膚炎が治っていなかったり、さらに成人になってから発病してしまうというケースもあります。
このことからアトピー性皮膚炎の症状というのは、一定に限られたものではなく、季節や年齢によって変化していくのが一般的な考え方となります。





アトピー治療法


アトピー関連記事特集