遺伝的要素から、実際にアトピーが発症する場合

アトピーは遺伝的な要素が大きく関わってきます。
しかし、アトピー遺伝子をもってるからといって、必ずしもアトピーになる、というわけではありません。
また、逆に、アトピー遺伝子をもたない人でもアトピーを発症することも少なくありません。
確立だけでいえば、両親ともにアトピー遺伝子をもっている場合、子供がアトピーにあるリスクは50-75%、方親だけの場合は、25-30%とぐっと低くなります。
しかし、先にも述べたように、遺伝子があってもなくてもアトピーになる確率があり、これは決して低いものではありません。
なぜなら、アトピーは、環境と密接に関係しており、ダニやホコリの量に応じてアトピーを発症することが多いからです。
そのため、アトピー予防・対策共に、食事療法や環境整備、掃除など生活習慣の見直しが大きく取り上げられています。
人間は少なからず、何らかの病気になる遺伝子をもっており、アトピー遺伝子があることは、特異なことではないです。
大切なのは、それを発症させないよう予防することと、発症した場合に、迅速な対応をとることなのです。





アトピー治療法


アトピー関連記事特集