乳児湿疹対策は清潔さが重要

赤ちゃんに湿疹が出たら、何かの病気かしら?と思われるかもしれませんが、それには赤ちゃん特有のものである可能性があります。
赤ちゃんにできる湿疹のことを総称して「乳児湿疹」と呼び、カサカサしているもの、べたべたなもの、ジュクジュクのものなど、その状態は違えども、すべて乳児湿疹と呼ばれています。
なぜこのようなことがおきるのか、というと、赤ちゃん、特に低月齢のころは脂分の分泌が多く、湿疹ができやすい状態にあるからです。
また、生後2、3ヶ月を過ぎたころから、これとは逆に、乾燥による湿疹も出始めます。
これらの湿疹とアトピーの区別はつきにくく、そのため、低月齢のころにアトピーと判断されることはほぼありません。
この場合、赤ちゃんの肌を清潔に保ち、汗をこまめにふきとってあげるとよいでしょう。
ただし、ガーゼなどでこすってしまうと、かさつきがひどくなって赤くなってしまったりするため、優しくふきとってあげることがポイントです。





アトピー治療法


アトピー関連記事特集