アトピー遺伝子とアレルゲンと好酸球

そもそもアトピー体質と呼ばれている人というのは、どのような体質のことを言うのでしょうか?
実はアトピー体質には遺伝的な要素が強く影響されており、現代医学におきましてはアトピーの遺伝子を同定しているのです。
このアトピー遺伝子というのは、母から子へ遺伝されていくこととなりますが、現代医学を持ちましても、このアトピー体質の元となる遺伝子伝達を防ぐことの出来る手段というものがありません。
しかし、ここで誤解をしないで頂きたいことがあります。
それはいくらアトピー体質であるからと言いましても、必ずしもアトピーになってしまうワケでは無いということです。
アトピー遺伝子を持っている人でも、その環境によりましては、アトピーを発症することのない場合もあり、それとは逆にアトピー遺伝子を持って生まれてきていなくても、環境やストレス、または食生活の影響などによってアトピーを発症してしまう人もいるのです。
「遺伝的要素が強い」「アレルゲン皮膚反応が陽性」「血液中の好酸球が増加する」このような人がアトピー体質の特徴となります。





アトピー治療法


アトピー関連記事特集