アトピーの治りやすさが違う

大人のアトピーと子供のアトピーを比較して異なる点というのは治りやすさと悪さとなります。
当然子供のアトピーの方が、大人よりも治りが良くなっています。
ではそれはどうしてなのでしょうか?子供の場合におきましては、アトピーの原因の多くが圧倒的に食物となっており、それに比べ大人はダニやほこりなどといった環境が原因となっていることが多いからです。
子供というのは成長に伴って、体質が変化して食べれなかったものが次第と食べれるようになってきて、皮膚のバリアが発達してくることから必然的にアトピーの改善が早くなるのです。
しかし、大人のアトピーの原因となってくるダニやホコリはどこにでも存在しているものですから、かつそれらを皆無にすることなどかなり困難となります。
また大人は皮膚バリアが完成されている状態で、アトピー症状が発症しているのですから、バリアの成長によっての回復を見込むことが出来ないのです。
このように大人と子供のアトピーというのは、根本的に異なっているのです。





アトピー治療法


アトピー関連記事特集