単なる湿疹か感染症か

幼児に湿疹がでたら、まず確認してほしいのが、熱があるか、ないか、です。
さらに痒み、口の中に湿疹があるかどうか、も大事なポイントで、これにより、単なる湿疹であるか、感染症であるかの判定ができます。
また、その状況によってもある程度、乳児湿疹の種類を絞り込むことができます。
たとえば、薬を飲んで湿疹がでた、という場合は薬疹であることが多く、皮膚がもりあがったりかゆみが強いもので、みみずばれ状態のものは、じんましんの可能性が高いでしょう。
そして、赤い湿疹がひじの内側やひざの裏側、顔などのやわらかい部分を中心に出ている場合、乳児湿疹である可能性が高く、熱はあるものの高くはなく、湿疹が水泡状でかゆみが強いのは水ぼうそうの恐れがあります。
口の中、手足にできる湿疹は手足口病であることが考えられ、熱と同時に首のリンパのはれ、目の充血があるものは、風疹である可能性が高いです。
いずれにせよ、幼児に湿疹がでた場合に病院を受診する際は、事前に病院にその旨を伝え、他の子から隔離するよう、配慮する必要があります。





アトピー治療法


アトピー関連記事特集